2015.02.01 Sunday 00:00

子平町の藤(概要)

仙台市指定保存樹木『子平町の藤』
[昭和56年6月5日に指定されました]

子平町の藤は、1592年に伊達政宗公25歳のときに豊臣秀吉の
命令で朝鮮に出兵し、翌年1593年(文禄2年)松島瑞巌寺の臥龍梅と
ともに持ち帰ったものを、千田家の先祖が拝領し育て続けてきました。
現在は、政宗公に仕えてから14代目所有者・千田文彦が管理に
あたっております。

[データ]
広さ :約300屐∪臑羯垰慊衒歛玄木指定範囲は235.16
棚作りで、栗の柱68本
(屋敷林:平成26年12月5日に仙台市指定第11号
保存樹林として認定されました(352.28屐
木の年齢 : 420年以上
花房の長さ :最長185cm 近年では165〜170cm


[1年の主な流れ]
5月中旬   :花期
花が終わったら:花房を全部切り取り、御礼としてお酒(昔はどぶろく)と、
        鶏糞を肥料として入れる
12月    :葉が落ちたら枝の剪定
2月     :藤棚の竹や柱を取り替える/肥料をやる
4月     :枝を棚に固定する


[千田家]
千田家初代から「御職人」とよばれ、切米・扶持米を家禄として
支給されていました。五組の大工棟梁のうちのひとつ「千田組」として、
十代まで青葉城、江戸上屋敷、瑞巌寺、陸奥国分寺、大崎八幡宮などの
建築と修復にあたりました。


[「子平町」の由来]
伊達政宗公が1600年(慶長5年)に町づくりをしたときは
「御職人屋敷」であり、二代目忠宗公の時代に「半甲町」に、
そしていつのころからか「半子町」になり、昭和42年に
現在の「子平町」となりました。
江戸時代後期の経世論家・林子平氏の墓があります。
  • - | - |

2018.01.21 Sunday 00:00

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0
    • - | - |

     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    PROFILE
    MOBILE
    LINK
    RECOMMEND
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.